移住して驚いた伊那市の物価

移住ナビゲーター おおやまです。

移住したらどのくらいお金がかかるんだろう。あれを買ってこれを買って。。。
あ~、お金が足りない!

という悩み、取り越し苦労でした。

都会の感覚で物価を考えていると、踏み出せない最初の一歩ですが、わたしの住む伊那市の物価は、あってないようなもの。
(・・?

こちらは、テレビでも紹介されることの多い、グリーンファーム。
農家の方、JA登録していない家庭菜園をされている方、いろんな方が、できたての野菜や果樹を持ち込むマーケットになっています。

同様に、自分の家の蔵に入っている使わないものを持ち込む場所でもあります。
LPレコードや五玉算盤、糸巻き機、使っていない毛布、ストーブ、さまざまな物が安い価格で手に入ります。
我が家の6人掛けダイニングテーブルもとても作りのいいものですが、3,000円の掘り出し物でした。

こちらは無料コーナー。素敵な重箱も無料でした。

昔はどの家庭にもあった重箱。
グリーンファームに行くと、いつもどこかしらの家庭の重箱や漆塗りのお椀が売りにでています。

花木もバラエティー豊か。 野菜の苗や土も売ってます。
ヤギの貸し出しもしています。ヤギに雑草を食べてもらうんです(笑)。

移住前は、新宿伊勢丹、日本橋三越、自由ヶ丘のセレクトショップ、表参道のオーガニックショップで買い物をしていました。そこなら間違いないという信頼によるものですが、物の良し悪しをお店にゆだねていたとも言えます。

移住当初は、どのお店を信頼したらいいのか、ホームセンターで定価で購入する方法しか知りませんでした。今は、まずグリーンファームに行ってみます。 それ以外にもいくつかリサイクルショップがあり、 わたしの本革張りのソファは、スマイルサンタで5,000円で手に入れた物です。

我が家の近所では、どの家庭にも蔵があり、宝の山が眠っています。大事に使っていた高価なものを甦らせ使わせていただく。。。今は、自分の目で、自分にとって価値のあるものを循環の中で受け取るライフスタイルです(笑)。

プライスレスな豊かさです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です