FPとして知っておきたい「顧客の年齢別資産運用提案法」セミナー開催しました

ビジネス教育出版社さんのFPセミナーで、講師を務めさせていただきました。



当日の朝は、3時半に目が覚めて、セミナーで話す内容を確認をし、 イメージドレ―ニングをしながらドキドキ・・・。緊張して話せなかったらどうしよう・・・と思って登壇したのですが、話し始めたら止まらない(笑)。
そう、わたしは、研修でみなさんにお話しするのが好きだったんです。思い出しました!

設定1 リスクのある投資をしたくないYさん(20代) 長野県在住へのファイナンシャルプランニング

結婚を視野に入れた資金づくりをしつつ、長期運用をするご提案をしました。

リスクのある投資をしたくないというYさん
定期預金にしか預けていないと、金利上昇局面では、実質元本割れにあることもあるんですよ。
リスクを軽減されるためには、
ドルコスト平均法を使って時間分散をする方法、長期分散投資することで、比較的安定した運用になるというデータなどの話をした後

このYさんは、長野県在住なんですよね・・・と、話は、伊那アルアルに。

新宿の子どもたちが、何故伊那にくるか。 民泊による資産(空き部屋、田畑)活用、春の野草の話を始めたら、話ノリノリ、受講生さんたちも興味津々で、あっという間に1時間が過ぎました。

その後、子ども3人の教育資金の調達の相談にきたMさんの設定にローンの繰上げ返済等のファイナンシャルプランニングも。

わたし、ローンの繰上げ返済のパターンを考えて、お客さまのライフプランにぴったりあてはめることに喜びを感じるんです。
新規借り入れの際にも毎月の返済とボーナス返済の割合、固定金利期間、変動金利とのミックスローンの割合など、お客さまと一緒に考えることが大好きだったんです。

そんなことも思い出しました。


次回セミナーは・・・

令和元年12月 移住者のためのファイナンシャルプランニング、田舎暮らしに必要なクラウドファウンディング
そんな名前でセミナーを検討しています。みなさん楽しみにしていてください♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です